FaxDMトップ > 出版業界の豆知識 > 書店について > ネット書店とリアル書店の違いとは

[ 書店について ]

ネット書店とリアル書店の違いとは

「ネット書店」と「リアル書店」の違いについてお話したいと思います。

最近はインターネットでも本を購入することができるようになり、大変便利になりました。このネット書店にはどんな特徴が考えられるでしょうか?

 1、自宅にいながら本を買うことができる。
 2、書店にないものが買える。
 3、手間や時間もかからない。
 4、持ち運びの負担がない。(特にまとめて買う方は)
 5、送料が無料で買える。(各社本によって有料もあり)

そして、代表的なネット書店をご紹介しますと

Amazon.co.jp
オンライン書店ビーケーワン
紀伊國屋書店BookWeb
楽天ブックス
セブンアンドワイ
livedoor ブックス
クロネコヤマトのブックサービス
JBOOK


続いて、リアル書店と言われる実店舗のある書店の特徴とは

 1、特定のジャンルをまとめて見られること。 
 2、比較検討できること。
 3、購入するか実際に手に取って見られること。
 4、思いがけない1冊と出会えること。

最大の特徴はやはり4でしょうか。これは、インターネットでは中々味わうことが難しいといえる強みでしょう。ただ、各特徴を見る限り今後もネット書店が増える可能性が高いのではないかと思う。なんとか一読者にリアル書店の強みを提案できるものができると面白いのですが。