FaxDMトップ > 出版業界の豆知識

[ 出版社売上ランキング ]

文教堂発表 出版社別 売上げ伸長率 ベスト20 (2014年)

出版業界紙の「新文化」2015年2月5日号に、文教堂が発表する2014年度の出版社別 売上げ伸長率 ベスト20が掲載されました。詳細をご紹介したいと思います。
 

 

『文教堂発表 出版社別 売上げ伸長率 ベスト20 (2014年)』の続きを読む

[ 書店について ]

各都道府県で売上げが高い書店はどこだ?

ムック『本屋はおもしろい! ! 』(洋泉社 刊)に、「都道府県別 地方チェーン書店MAP」が掲載されています。これを見ると、各県別に売上げが大きい書店がどこかがわかります。ご紹介したいと思います。
 

『各都道府県で売上げが高い書店はどこだ?』の続きを読む

[ 出版業界について ]

雑誌の推定販売額 2005年~2014年  寄稿:冬狐洞 隆也 氏

雑誌の売上げ減少が止まらない。2005年~2014年における雑誌の推定販売額を紹介したい。
 

『雑誌の推定販売額 2005年~2014年  寄稿:冬狐洞 隆也 氏』の続きを読む

[ 出版業界の専門用語 ]

インペナ契約とは

書籍『「本が売れない」というけれど』(永江 朗 著、ポプラ社)によると、書店は、本を売れば奨励金を得れるが、売れなければ違約金を取られるという合意のこと。incentive(インセンティブ)とpenalty(ペナルティ)の略語。つまり、仕入れの正味と返品の正味に価格差をつける契約となる。


たとえば、書店の仕入れ正味を65%にする。売れれば35%のマージンが得られる。そのかわり返品の正味は75%にする。返品すると10%分、書店は損をする。出版社は返品されても10%は儲かるというもの。「インペナ契約」や「インペナ方式」、「インペナ制」などと言うことも。


※関連記事

出版業界紙「新文化」ウェブサイト
(日販、「契約販売」早期導入へ/3年で2000店・300社目標に)の記事
「新文化」のウェブサイトへ
 

[ ベストセラー 月間 ]

2015年1月 ベストセラー20

2015年1月には、どんな本が売れたのでしょうか? そのタイトルや著者名から消費者の傾向が読み取れます。出版科学研究所が発表する月間べストセラーから見てみたいと思います。
 

『2015年1月 ベストセラー20』の続きを読む