FaxDMトップ > 出版業界の豆知識

[ 出版業界について ]

出版業界は「出版不況」という言葉を口実にしている。  寄稿:冬狐洞 隆也 氏

そもそも、“出版不況って?”

何かというとすぐに「出版不況」という言葉が飛び交うのが出版業界。しかし、何を基準に出版不況というのか、その原因は何か殆ど語られていない。


出版不況といわれる根拠は、取次経由の新刊書店の売上減少の数字が元になっていることが多い。1996年をピーク(2兆6564億円)に、17年間も連続減少(2013年1兆6823億円)していたのに今更「出版不況」の話でもない。
 


『出版業界は「出版不況」という言葉を口実にしている。  寄稿:冬狐洞 隆也 氏』の続きを読む

[ 出版業界について ]

世界の出版社 売上ランキング  寄稿:冬狐洞 隆也 氏

世界規模でみた場合、日本の出版社の売上げ規模は大きいのだろうか。果たして日本の出版社の順位は? 世界における出版社別、売上げランキングを紹介したい。
 

『世界の出版社 売上ランキング  寄稿:冬狐洞 隆也 氏』の続きを読む

[ ベストセラー 月間 ]

2014年7月 ベストセラー20

2014年7月には、どんな本が売れたのでしょうか? そのタイトルや著者名から消費者の傾向が読み取れます。出版科学研究所が発表する月間べストセラーから見てみたいと思います。

『2014年7月 ベストセラー20』の続きを読む

[ 出版業界について ]

電子書籍がより普及するには●●●●が必要   寄稿:冬狐洞 隆也 氏

●●●●とは、「電子取次」だ。アマゾンKindleの端末器が発売されてから早くも3年経過した。日本でも電子書籍が当たり前のように見受けられているよう。しかし、世間の評判とは裏腹に電子書店は当初の希望とは違い成長が遅々として進まず、中にはすでに廃業する電子書店も出てきた。
 

『電子書籍がより普及するには●●●●が必要   寄稿:冬狐洞 隆也 氏』の続きを読む

[ 書店売上ランキング ]

コンピュータ書籍 全国書店売上げランキング 2013年

全国の本屋で、コンピュータ書籍の売上げが高い書店はどこでしょうか。出版業界の新聞「新文化」2013年7月17日号に「コンピュータ書籍 全国書店売上げランキング100」が紹介されています。


この集計は、コンピュータ出版販売研究機構(CPU)の加盟店が行なったものです。ご紹介したいと思います。 
 
 

『コンピュータ書籍 全国書店売上げランキング 2013年』の続きを読む