FaxDMトップ > 出版業界の豆知識 > 書店について > 書店数の推移 1999年~2015年

[ 書店について ]

書店数の推移 1999年~2015年

【年度】  【書店数】

1999年   22,296 店
2000年   21,495 店
2001年   20,939 店
2002年   19,946 店
2003年   19,179 店
2004年   18,156 店
2005年   17,839 店
2006年   17,582 店
2007年   17,098 店
2008年   16,342 店
2009年   15,765 店
2010年   15,314 店
2011年   15,061 店
2012年   14,696 店
2013年   14,241 店
2014年   13,943 店
2015年   13,488 店 ※2015年5月1日現在


bookstore-process.jpg
※グラフの2015年は5月1日現在の数字
※本部や営業所、外商のみの書店を含む。


17年間で 8,808軒の書店がなくなっている

1999年から 2015年までに 8,808軒の書店が減少しています。17年間の減少平均を出すと、518件になります。仮にこの推移で続くとなると、2022年には 9,861店前後になるだろうと予測できます。


実際の書店数はもっと少ない

この件数は、本部や営業所、外商のみの本屋も含んだ件数になります。とりわけ、昔は本屋として営業していたけど、今は店舗としては営業せず、近辺の小学校や中学校に教科書のみを収めているというケースがあります。これが外商のみの本屋です。実際にお店として開店していませんので、私たちの目にふれることはありません。


ですので、実際にお店があって本が並んでいる、つまり「店売している書店」は、もっと少なくなります。10,800件前後になるのではないでしょうか。 参考になる統計があります。JPO(日本出版インフラセンター) が発表している「実店舗数」です。
http://www.1book.co.jp/004780.html


身近にある書店が減ることで、私たちの読書環境はどのように変わっていくのでしょうか。


※この統計は、出版業界紙の「新文化」とマスコミ界の専門紙「文化通信」を元に作成したデータです。
※大元はアルメディア調査です。つまり、アルメディア調査のものを「新文化」と「文化通信」が記事としているものになります。

「新文化」のサイトはこちらから
「文化通信」のサイトはこちらから